スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHY ムルティプラ?

細切れで引っ張ってきましたが、
最後に、ではなぜムルティプラなのかを。

ムルティプラが発表(発売かな?調べると本国発表は1998年、日本発売は2003年、なんと5年も空いています!)
された当時の印象は、
「なんなんだこれは!」なんであんなデザイン?イタリアではいいと思われるのかな?
ちょっとこれはないんじゃないかと、誰が買うんですかね~、
僕は絶対買わないな、まあミニバン系はもともとあまり興味ないと…

僕の場合、クルマはやっぱりかっこよくないとというのが最優先です。
だからスポーツ系、クーペとか、じゃなくてもデザインがいいとかじゃないと…

だから、GTVは最大2年半(来年の夏越えまで)と宣言していましたがそのあとは、
順当にいけば、まあアルファ156スポーツワゴン、いければセダンでも、
まあ159もありかな、などと考えていて、実際中古車情報も気にしながら見ていました。


一方で子供ができて家族3人を考えると、3人並列もいいなと、
知識の中でHONDAのエディックスというのがず~っと気になっていて、
つなぎだからありかな~とか、ちょっとスポーティーなスタイルだからとか、
中古がけっこう安いからとか、国産でもHONDAならまあいいかなとか、
頭の片隅にはありました。


そんな折、なにかで(なんだったかまったく覚えてないんですが)エディックスと同じように
ムルティプラも前席3人並列だという情報がインプットされ、
「お~!  その手があったか!」と衝撃を受け、
気になりだしていろいろ調べました。
(当時は眼中になかったし、3人並列になんの意味もなかったので全く欠損してました。(笑))


雑誌系はさすがにマイナーなクルマ、なかなか記事が見つからず、
ネットで調べていくと、結構高評価!


たとえば、webCGの笹目二朗氏のブリーフテストのレポート、すべて満点の評価です。
笹目氏はご本人も所有されているらしく、ブログにもよく登場します。
笹目氏がテスターの頃のCGは完読していたので、かなり信頼しています。

そのほか、ALL ABOUTのレポートもべた褒めって感じ、

carviewの試乗レポートも評価高いです。

ほかにもvividcarの試乗記、同じ系統でvividgarageの試乗レポート
カーオブサイヤー選考委員のジャーナリスト国沢光宏氏のレポートも、マイナー後ですがなかなかの評価です。

やはりマイナー後ですが、日経のC-Styleというサイトでは、こんな所有リポートも。やはりオーナーはべた惚れです。

まあいいことばかりではないので、正直なところでこんなのもあります。
Motordaysのレポート、結局は高評価ですが…


そのほか、オーナーのブログなどもいろいろありますが、
ほとんど楽しくて仕方ないって感じです。


ネックとしてあげるとしたら、

やはりそのボディ幅が大丈夫なのか、

あのデザインをよしとするのかどうか、

マニュアルしかないこと、

シートに無理がないか、

そしてイタリア車の信頼性がどうか、
くらいでしょうかね。


うちの場合、マニュアルは運転が僕だけだから気にしないし、
イタリア車の信頼性に関しても今更ですしね。

シートやボディ幅は実物を見て確認するとして。

そしてデザイン、これはそう思って見始めるとなかなかいいんですね。
見れば見るほど味わいがあり、さすがイタリアンデザインという感じで
どうもやられてしまいました。
結局、実際に中古車を探す時も、普通になった後期型の顔じゃ物足りなくて
前期型を探す始末です(笑)。




そんなこんなで評価に自信を深めて、
今度はクルマ探しです。


まあ、まずはお決まりのカーセンサーNETで見て行ったんですが、
(実際今時マニアックなイタフラ専門店も出しているし)
結構少ないんですね~、あたりまえか。
しかもそこそこの値段になっているのはかなり距離がいってるし、走行の少ないのはかなり高値です。
某店の過去の情報なども見ていくと、いいものはあっという間に売れてしまうようです。


とりあえず、まずは近場の店のモノを夜中にちょっとのぞきに行ってみました。
確かに幅はかなりあるけど、まあ大丈夫かなって感じです。


それから迎えた日曜日(9月5日)、都内の有名イタフラ専門店?「コレツィオーネ」に2台あったので
家族で見に行くことにしました。

この2台がまた悩ましく、ELXのシーラレッド、ELXプラスのカナリアブルー、
走行距離の違いもあり結構価格の差があります。
装備的には別にプラス(ダブルサンルーフ、アルミホイール、革巻きステアリング&シフトノブ…)の必要はないし、
予算(そんなもの最初からありませんが)を考えるとELXなのですが、
またまた同じような赤!、息子はGTVの時から「ブルーがいい!」って言ったし…


結局、見たらやっぱり「ブルーがいい!」、

試乗してみて幅もそんなに気にならないし(広い道だからですけど)
シートもいい感じです。
サンルーフも初体験で楽しいらしく「これがいい!」、
まあ運転手としてはステアリングが革かウレタンかも大きなポイント、

「先週出したばかりですが、ほかにも数件問い合わせが来ています。
2台のどちらかに決めたいっていう方もいます。」という店の方の声にも押されて
結局「ブルーのほうでお願いします!」と、潔く即決してしまいました。。。


今日、登録書類を一通りそろえて持って行きました。
納車はF1鈴鹿の翌日、10月11日の予定です。
やっぱりGTVには最後に鈴鹿までお伴してもらうことにしました。

ところで、このブログのタイトル、どうしましょうかね~
いつかはアルファロメオに戻りたいと願っておりますが…


スポンサーサイト

ラストランでF40に遭遇



今朝はいろんなクルマに遭遇しました。

最初の港北PAではピカピカの赤いフェラーリ328、厚木あたりでアルファのデュエットスパイダー。

そして乙女峠を越えたパーキングでは黒い後期型のGTV、小田原厚木道路の反対車線をかっ飛んでくる赤いアルファロメオ・ジュリア・スーパー。


そして極めつけ、
大磯PAでフェラーリF40に遭遇しました!
さすがに別格のオーラが漂ってます。
ちょっと恐れおおくて、となりではなく1台空けて並ばせていただきました。

公道で見るなんて滅多にないから、GTVへのいいはなむけになりました。

GTVラストラン、朝箱

GTVともそろそろお別れ。
昨日は洗車をしました。(といっても洗車機です、ゴメンナサイ)
コーティング剤をかけて、樹脂パーツ部分をタイヤワックスで黒くさせて、
久しぶりにきれいにすると、やっぱりいいデザイン、素直にカッコイイと思います。
SANY1271_convert_20100926120243.jpg

夕焼けもきれいで、思わず記念撮影
(家からちょっと離れるとまだまだ田んぼがあります)
SANY1283_convert_20100926120524.jpg
SANY1288_convert_20100926120711.jpg


そして今日は早起きをして、箱根までラストランに行ってきました。
6時をちょっとすぎてしまったので東名高速は混みだしていましたが、
それでも朝日が上ったところで気持ちよく、富士山もきれいに見えて
快適に走ることができました。

御殿場まで行き、乙女峠を駆け上がって一休み、
それから湯本側へ降りて、小田原厚木道路経由で帰ってくるという、
正味2時間ほどのドライブですが、GTVのアルファV6サウンドを堪能しました。
SANY1303_convert_20100926120918.jpg
SANY1309_convert_20100926121016.jpg
SANY1313_convert_20100926121122.jpg


ほんとうにいいクルマで、手放すのは惜しいですが、
こんな車にも乗れたのは
いい思い出です。

1年半弱という短い期間でしたが、密度の濃い付き合いができたと思います。
GTVはあと2週間ほど、最後には鈴鹿F1への往復という大役を担ってもらおうと思いますが、
今までも大きなトラブルもないですし、いいパートナーでした。

最後までよろしくな!

合格おめでとう!

昨日仕事から帰って家のドアの鍵を開ける音がした途端、
息子が走り寄ってきて
「パパ~、僕ね、今度から黄色帽になるんだよ!(検定)合格した!」
って飛び付いて来ました。
毎週通ってるスイミングスクールの話です。
先日の3連休も特別講習で、毎朝8時から行ってました。

5月から通って、20くらいのステップを経て、やっとけのびが出来るところまで来ました。
結構基準は厳しいようです。

合格して1クラス上がる体験が、とても嬉しくて報告したかったらしく、
ママには「パパが何時に帰ってくるかメールで聞いて」ってお願いしてたようです(笑)。


このまま目標を持って頑張ってほしいな。

そういうことが出来るように育ってほしいものです。

江の島にきました




今日は午後から江の島に来ました。

電車に乗って1時間弱で着くのでクルマより早くて楽です。弁天橋のたもとから渡し船に乗って、江の島岩屋へ。
中で涼んでからは、磯でヤドカリ集めに熱中です(笑)

買い替える理由

なぜ、アルファGTVを買い替えることになったのか…

まず、最初から息子にとっては後部席は居心地は良くなかったようです。

この1年で10cm以上背が伸びたとはいえ、スペース的には十分なのですが、
大きなフロントシートのバックレストや開かない小さなリヤクォーターウィンドウなど、何しろ視界が狭く、圧迫感があるようです。
また、着座位置も低いので、最初はジュニアシートを置いていたのを、デルタと取り替えてレカロのチャイルドシートにし、少しでも視界が良くなるようにしました。

それでも最近は、本気でママと助手席を争ってケンカするようになりました(笑)。

乗り心地自体もフロントシートのみを考えているようで、後ろは良くないそうです。


今年の夏は、朝顔が天井高の低さで載らないために榛名2往復をデルタで行くことになったり、
先日は港北のIKEAにブラブラしに行った際、狙っていた棚が期間限定で安くなっていたのに、GTVで来ていたため、積んで帰れないことに気が付き、仕方なく一度帰ってからデルタ出動となりました。


まぁ今年の暑さにきちんとエアコンが効いてくれるのは有り難かったですが、存在価値が下がっていたのは事実ですね~。
もちろん買ったときから承知の上ではありましたが…


つづく

やっと涼しくなりました


今週は雨も多くてやっと涼しくなりましたね。

今朝は秋らしい空で、昨日の雨に流されて、空気も澄んでいました。

写真の感じで上下(前後?)の雲に挟まれて富士山も見えてました。

デルタカップ第2戦中止

今度の日曜日は富士スピードウェイのショートコースで、デルタカップ第2戦の予定だったのですが、
もちろんエントリーしてたのですが、
昨日メールが来てて、中止ですと。

台風9号の影響で、小山町あたりが被害が大きいのはニュースでも聞いていましたが、
(フジテレビのクルーが重傷を負ったのも小山町でしたね)
富士スピードウェイも被害を受けたようで、特にショートコースは復旧に時間がかかるようです。


なんだか3年前の富士でのF1初年を思い出しました。
あの時も台風の被害で、行きは新松田のトレイン&シャトルバスのバス乗り場に向かう橋が落ちて迂回路を歩かされ、ショートコースに降りる道路に穴が開いて大混乱、
帰りも、補修が間に合わず、ショートコースで雨の中、暗くてトイレもない中、5時間くらい行列で待ったんですよね~。
当時3歳の息子はよくおとなしく我慢してくれてたものです。


今回は事前に中止でなぜかホッとしました(笑)

告白

ちょっと仕事が忙しくて更新遅れましたが、
ひとつ大事なお話が…

そりゃGTVは最高のクルマです。
スタイリングはさすがピニンファリーナ、どこから見ても破綻なく、今見ても古さも感じさせない完璧なものだし、内装もさすがアルファ、スポーティーな雰囲気とラグジュアリーな雰囲気のバランスがいいです。乗り心地も特に高速は最高、GTVの名に恥じないものだし、エンジンはもう文句ありません。
ハンドリングだってフロントにV6を載せていることを考えればかなりニュートラルで、気持ち良くコーナーを抜けられます。

とにかくドライバーとして、最高に気持ちいいクルマです。

このクルマを所有出来て、本当に良かったし、幸福です。


でもドライバー(と助手席)と後部席ではだいぶ事情が違うようで…


まぁ長々と書きましたが、
要するに、
GTVを買い替えることにしました。

本格的にチェックし始めてから3週間、今までに比べるとかなり衝動買いに近いです。

で、次期2号機(=ファミリー用)は、
まさかの、


フィアット(ふ~ん)



ムルティプラ(えっ!?)!!!

です!!!


ちょっと気持ちの整理が必要です。

と言うことで、
つづく…

もう秋?


9月に入ったというのに相変わらず暑いですね~
連日35度ですものね、いい加減身体も参ってきてます。
観測史上最高?110年ぶり?なんて言ってるんだから、こんな夏は記憶にないわけです。
今年は毎晩エアコン使ってます。
マンションの部屋が南東と南西に面してるので、昼間タップリと熱を溜め込んでいます。
だから寝るときエアコン切るとすぐに30度、よく寝られるとわれながら感心しています。


でも今朝、富士山がくっきりときれいに見えました。
風がちょっと強かったから空気が澄んできたのかな、秋の気配かなと思いました。

また海へ

4日の土曜日、
また海へ行ってきました。

泊まりとかではなく、軽いノリで。だから出発はお昼。
そもそもこの35度が連続する残暑の中で、真昼間の炎天下はきついし、
あまり日に焼けるのもつらいので、
午前か、午後の遅めかってことになるんですが、
今回は、海で遊んだ後、夕陽を見て、満天の星空を見て…、
っていう、ある意味富士見パノラマで見れなかった星空のリベンジ企画です。
(今回は月が出ないこともチェック済み!)

で、僕の場合、海に近くて満天の星空を見た記憶は、
西伊豆スカイラインなんです。

そこから逆算して、星空の前に海の幸の夕食を食べて、夕日は戸田か土肥あたりで見て、
そうすると海は東側でもいいかなと、宇佐美あたり、
それでお昼の出発でもOKの計算です。
(GTVだからエアコンも大丈夫!)

・・・
海は楽しめました。
まだ泳ぐこともできたし、宇佐美はほとんど人もいなく、
のんびり遊びました。
SANY1123_convert_20100906002534.jpg

そして海から上がって、温水シャワーを借りてすっきりしてから出発。
ナビによるとちょうど日没のころ戸田に着きそうです。

でもここで2つ問題が…
1つ目は、雲が多くなってきて夕陽が見れなさそうなこと。
もうひとつは、息子が今回は後席だったGTVで酔ってしまって途中でゲー、休みながら行くことに。

結局戸田に着いたときは日没後、夕焼けはありましたが、やっぱり雲が多く夕日はなかったようです。
IMG_5857_convert_20100906003528.jpg
イカ釣り漁船の緑の明かりがきれいでした。

それからゆっくり土肥までいって、おいしい海の幸は食べることが出来ましたが、
そんな天気だったので、星空は、???
まあ薄い雲を通して少しだけ天の川が見えたかなという感じ。
息子は持って行った15倍望遠鏡で、今回も木星を見て満足していました。

またリベンジ考えなきゃ。

フィアット500C


フィアットカフェに行ったときに1Fに展示されていたのは、
500CのDIESELとのコラボモデルでした。

キャンバストップですね~
20年以上前にフォード・フェスティバのDOHCキャンバストップに乗っていました。
手軽にオープン気分が味わえていいんですよね。
小さくて軽くてきびきび走るし、燃費も良いし。

とりあえず後席に座って見ました。
足元はきついですが、身長176cmの僕が座っても、空間的には余裕があります。
GTVと比べると(比べちゃいけません!)、
座面が高い分、開放感もあり、使えそうな感じがします。

運転席もしっかりしてていいですね。
DIESELのザックリした生地も触り心地がいいです。

まぁ10年落ち以上のクルマばっかり乗り続けてるので、
「いい」の基準がどうかとは思いますが(笑)。

もしデルタにはまってなかったら…
こういうのに乗っていたかも。
プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。