スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の誕生日はDomani




28日土曜日は息子の8歳の誕生日でした。

久しぶりに何か美味しいものを食べに行こうと、
選んだのはイタリアン、センター南と江田の間あたりにある「ドマーニ」というお店です。
気取らない明るい感じ、
最近ずっと行ってなかったけど、ここのピッツァは美味しくて大好きです。


ちょっと立地が悪いせいかあまり混んでることはありません。

今回も店前の1台だけの駐車スペース(もちろん裏には駐車場があります)にデルタを乗りつけることができました。

ガラス越しにデルタが見える席で
デザートのケーキまで満喫。
満足満足。
スポンサーサイト

関東でも雪


今年も雪が降りました。
今回は家のあたりのほうが都心よりは少なかったみたい。

昨夜の降り始めの勢いはすごかったので、あのままだったら大変だと思ってましたが、夜半には止んでいました。

オーケストラ演奏会鑑賞


昨秋に続いてまたオーケストラの演奏会を聴きに行きました。

今回は杉並公会堂で行われたオーケストラ「☆の王子さま」の第33回定期演奏会で、
招かれた指揮者が僕の従兄弟という縁です。

曲はメンデルスゾーンが2曲、
序曲「美しいメルジーネの物語」と、交響曲第2番「讃歌」というもので、
特に交響曲のほうは多分1時間半くらいの大曲でした。

合唱あり、ソプラノやテノールの独唱ありと、なかなか聴き応えがあり、演奏も(出だしがちょっとアレ?でしたが)素晴らしかったです。


ただ、やっぱり息子は最初こそおとなしく聴いていましたが、
途中で飽きてしまいゴソゴソ、「まだ終わらないの?」という状態でした。

そんな中でも、帰りのクルマの中で話していると、最後のほうに聴いたことのある賛美歌が出てきたのはちゃんと認識してたので、ちょっとビックリです。

子供の能力と環境の意味ってこういうことかも知れませんね。
(そんな大袈裟なものじゃないか。)

湘南サイクリングロード

日曜日、曇っていて気温も二ケタに乗らない寒い一日でしたが、篭っているのも嫌だったので、
ムルティプラに自転車を積み込み出掛けることにしました。

今回の行き先は江ノ島から茅ヶ崎あたりの海沿いの「湘南サイクリングロード」、
午前中に出発して、日中少し温かい日差しを期待してたのですが、やっぱり出掛けたのはお昼頃、
湘南も同じように曇り空で日差しはありませんでした。


ムルティプラを辻堂海浜公園の駐車場に止め、そこから江ノ島水族館までを往復、片道3キロちょっとというところでしょうか。
SH3E1036.jpg
SH3E1039.jpg

こんなに寒くても海に入っているサーファーが多いのにはビックリしました。

息子は、水族館前の砂浜や防波堤あたりで貝拾いに夢中になっていました。
半分以上これが目的だったらしいです。
SH3E1040.jpg





湯テルメ谷川



2日目の温泉は今回も「湯テルメ谷川」。

温泉に浸かりながら「僕は次もホワイトバレーがいい」と、すっかり気に入ったようでした。

早めに切り上げたので温泉を出たのが3時半くらい。
ちょっと渋滞にはまるだけで関越・圏央。中央道調布インター経由で7時前には帰って来られました。

ホワイトバレー

二日目は、年末同様ホワイトバレーに行きました。

せっかくのこの季節に人工雪はないなというのと、リフト待ちしなくていいしゲレンデも広々なので、(あと前日の最後の1本で中級斜面に懲りたので)息子もそっちがいいと。

あと、帰りを考えてなるべく高速に乗りやすいところにしました。


やっぱり朝のんびりしてしまったので昼過ぎ着。
予報と違って快晴で風もなく絶好のコンディションです。
おそらく前日は雪降っていたようで、整備されたバーンは相当滑りやすいです。
SH3E1025.jpg
SH3E1027.jpg


今回はとにかく景色がいいからと、最初に無理矢理息子を一番上まで連れて行きました。
(前回は雪が降っていたこともあり「ここでいい」とずっと下で滑っていました)


谷川岳が正面に見える景色に、
「僕山が見えると怖くなっちゃうんだよね、自分が高いところにいるみたいで」、
その通りなんですが。



(昔はそうではなかったんですが)圧雪車が上まで入っていて、滑りやすい斜面を調子良く下りました。

途中からは沢筋の狭い結構な斜度なんですが、順調にターンしながら、とうとう滑り切りました。

そして「楽しい!もう1回!」と、結局5回も上がりました。

前日とは大違い、成長するもんですね~。
(前日は頂上からには違いないですが、最後の1本を初級コースではなく中級コースへ連れて行ったら、途中から「もうやだ、怖い」とべそかきながら座り込んで大変でした。そういいながらも何とか滑って下りてきたんですが1ターンごとにこけていました。)

3人で回数券2冊を使い切り、十分滑った満足感でスキー場をあとにしました。

二度上峠は-5°C

軽井沢から榛名に戻るときは、二度上峠というところを通るのですが、
そこから見える景色がまた素晴らしいです。

携帯のカメラじゃ伝え切れないですが、広角レンズのカメラだったらなぁ。


もうちょっと早ければ見事な夕焼けだったと思われます。


この時の気温は-5°C、このちょっと前は-6°Cを表示していました。(写真撮り損ねた)
道路の表示も同じだったので、ムルティプラの外気温度計は割と当てに出来るようです。

軽井沢スノーパーク

連休なので榛名に1泊することにしてスキーに来ました。

昨日は軽井沢スノーパークへ。
リフト3本の小さなスキー場ですが、ファミリー向けにアトラクションもあり(目もくれませんが)、コースもそこそこの滑り応えで楽しめます。
ちょっと混んでるのと、やっぱり人工雪メインでボーダーも多いので、バーンが氷になってしまうのが残念ですが、この浅間山の景色から嬬恋高原、四阿山、万座山までの絶景は素晴らしいです。



帰りは榛名近くの相間川温泉へ。倉渕クラインガルテンの一角にあり、ちょっとしょっぱいナトリウム系?の温泉ですごく温まります。
メルヘンチックなライトアップが幻想的です。


温泉は庶民的でギャップを感じますが(笑)。

デルタ修復~センターパイプ


さすがに95年から17年目、おそらく錆による腐食で排気のセンターパイプを釣るステーが取れてしまいました。

先日踏切を通過するときに、ガガッと下回りを擦る音。
そこで初めて気がつきました。


いつものGRATOに持っていって、診てもらいました。

どうも腐食でステーがパイプから剥がれ、垂れ下がったところを踏切で引っ掛けたようで、ステーを嵌めるゴムブッシュの付いているボディ側のステーが後ろ側に曲がっていました。

ステーの曲がりを直して、センターパイプにステーを溶接してもらいました。

錆びているのは変わらないのでいつまでもつかですけどね。

ちなみに各パイプを接合しているボルトも錆がすごく、もう外せそうもありませんでした。

アルファロメオチャレンジのラップタイム



明けましておめでとうございます。

年末最後の記事にするつもりでしたが、年を越してしまいました。

富士のタイムアタックは午前と午後、20分を2本、VWA(フォルクスワーゲン・アウディ)トライアルとの混走です。

細かくクラス分けされていて、同クラスはBMWのZ4、3.2リッターですが初心者の女性らしいので意識しないことにして、自己記録の更新を目指すことにしました。


そこでひとつ検証、1本目はリアスポイラーを外して走りました。
幸い周囲にクルマの少ないクリアな状態で走れて、5ラップ計測のうちの3ラップ目に2分13秒046を記録、一気に3秒以上短縮しました。
前後も14秒台、15秒台と、安定して気持ち良く走れました。
いい記録に満足です。


2本目、効果を確認すべく、今度はスポイラーをフルに立てた状態で走ります。
今度はロータス軍団と絡んで走ってしまい、イマイチクリアではありませんでした。
タイムはやっぱり2分16秒582、6ラップ計測のうちの4ラップ目でした。
デルタチャンピオンレースのベストと同じくらいです。

あの時のスポイラーは半立て状態、他の要素を考えてもスポイラーで3秒くらい違うってことですね~。

ちなみにストレートエンドの最高速度は1本目が220kmに対し2本目は210km強。約10キロくらい違いました。


結局、2台中ですけどクラスウィナーの楯をもらって帰って来ました。
まぁ、デルタの勲章ですからね。
プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。