スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかだで遊ぼう谷本川 2012




28日土曜日、今年も「いかだで遊ぼう谷本川」に行って来ました。
一昨年はギリギリで定員以内、去年は少しオーバーしたけど入れてもらった経験から、今年は頑張って早く行ったのですが、なんとガラガラ。
1週間遅れて夏休みに突入してるのと、区の広報に情報が載ってなかったのと、ロンドン・オリンピックの開会式と重なったことが影響してるのか、結局定員の半分以下って感じでした。

今回は、「いかだ作りしたい、いかだに乗りたい」と。
そのあと出掛ける予定があることもあって、ひとつに絞ります。

開会式が恒例の投網で終わると、真っ先にいかだ作りに向かいましたが、参加者が少ないこともあってもう1家族とほぼ独占で一緒に係りのおじいさんに教えてもらいながら竹を針金で組んで行きます。

息子は1年生のときはすぐに飽きてしまってたのが、さすがに今年はペンチの使い方も要領を得て、根気よく最後まで手伝ってくれました。1時間ほどかけてやっと完成!
高校生ボランティアが組んだ2挺の完成を待ってシャンパンで進水式、そして作った人ということで一番乗りを果たしてとっても満足そうでした。
残念ながら大人は乗れないので、あれだけ汗を流しても見てるだけなんですけどね~。
スポンサーサイト

ムーちゃんとオオムラサキ

せっかくなので撮ってきた写真を。
まずは、これがムーちゃんです。
確かにかわいい顔・・のように見えます。
P1020083.jpg


そしてオオムラサキ。
蝶同志、喧嘩するらしく、集団でいるとこのように羽が傷ついてしまうそうです。
P1020075.jpg


おまけ
小枝の写真立ての完成に大満足。この笑顔です。
P1020065.jpg

オオムラサキ自然公園






日曜日、ムルティプラでどこかに行きたいなぁと思いついたのが「オオムラサキ自然公園」。
山梨県北杜市にあるオオムラサキの保護と研究のためのオオムラサキセンターを中心とした施設です。


2年前の「デルタ全国オフ」のとき、清里でパンフレットを見つけた息子が、オオムラサキの幼虫の顔がかわいいと大好きになり、「ムーちゃん」と呼びながら行きたがっていた場所です。
行き先として提案すると、案の定息子は大喜び、晴れて「ムルちゃんでムーちゃん」となりました。


到着までは天気もなんとか持って、自然に飛び回るオオムラサキも見られました。

センターの中では標本や展示を見て、保護の大きな檻の中でとうとう本物のムーちゃん(6令幼虫と言うそうです)とご対面に大喜び。
ボランティアの人が蝶を手に停まらせてくれたり、たくさんのオオムラサキが飛んでいるところや、葉についた卵やサナギも見れました。


そのほかにも、小枝の木工教室に参加して(1対1でしたが)写真立てや小枝鉛筆を作ったり、庭ではピザ作りをして焼いて食べたりして、随分のんびり過ごすことが出来ました。


最期に雑木林の中を歩いて見ましたが、雨がぱらついてきてしまったので蝶は見られませんでした。


帰りはバッチリ1時間以上中央道の渋滞にはまって参りました~。

デルタ、スタッドボルト&ワイドトレッド化




デルタで走る人なら定番でしょうし、今更ですが、
スタッドボルト(前72㎜、後62㎜)に変更して、前Sparco16㎜後5㎜のスペーサーを入れました。

これで少しはコーナーリングに踏ん張りが効くようになるでしょうか。
8月5日、富士ショートコースでのデルタカップで効果のほどを確認してみます。

作業は自分でも出来そうでしたが、確実性を重視していつものGRATOさんにお願いしました。

榛名へ脱出


あまりに蒸し暑いので榛名に来ました。
まぁこちらも昼間は暑いですが、朝晩は気持ちいいです。

そして河口到着!







そして6時過ぎ、とうとう河口に到着しました。
と言ってもその先に埋立地の工場があり、首都高速の橋も横たわっていて、「目の前に海が広がる」風景ではありませんが、
確かに運河で道は終わっていて、0キロの看板と、ちょっとした人口干潟が迎えてくれました。

息子は自転車を下りながら、「あー、達成感あるなー」と(笑)、汗びっしょりでニコニコの笑顔でした。
なんだか達成感の意味がわかってるのか解りませんが、満足です。

暗くなってしまうので早々に折り返してきましたが、帰りも元気いっぱいに往復19キロを走破しました。
(こっちは小さな自転車でバテバテですが)

戻ってきたときはもうすっかり暗くなっていて、綱島の辺りは異国のような全く違う情緒がありました。

リベンジ~サイクリング、河口へ







先月の事件以来、もうサイクリングは行かないって言ってた息子ですが、
昨日は天気が良かったのと、河口で海が見られるという思いに誘われて、やっとその気になりました。

リュックにお守り(お気に入りのグッズ)を詰め込んで、いざ出発!

前回の折り返し地点、綱島駅の近辺にクルマを停めて、自転車を下ろして土手へ。
河口まで9.5キロの標識がスタートです。ちょっと距離ありますね。

はぐれないように慎重に、話しをしながら進みます。

まずは新幹線を無事にくぐります。
しばらく背の高さほどの葦が茂っているところを過ぎると、いよいよ川幅が拡がり、河川敷がなくなり堤防を走るような形になりました。

水道管の橋はその上を渡れるようになっていて、川の中央は結構こわいです。

斜張橋は「森永橋」、たもとに森永の工場があり、チョコレートの匂いがしてきます。

アーチ橋を越え、東海道線、京浜東北線のヒンヤリするガードをくぐり、京浜急行もくぐるといよいよ残り3キロほど。
大きな道路の橋などで堤防の道も分断されがちで信号を迂回したり、走りにくくなってきました。

スタートが4時と遅かったのでこの時点で6時近くになっていましたが、とにかくゴールまで行くことにしました。

SAVANNA RX7(FC3C)カブリオレとの別れ


先月のことなのですが、感慨無量で書きあぐねていました。

息子が生まれるまで、長年連れ添った愛車が写真のクルマ、サバンナRX7カブリオレ、シェイドグリーンの5MTなのですが、とうとう永遠の別れを告げました。

息子が生まれてからは実家の兄貴に乗ってもらってましたが、3年ほどしてクラッチが壊れ、あまりクルマを必要としてなかったためそのまま駐車場で5年近く惰眠を貪ることになってしまい、
再起を果たさぬまま、あまりに無駄なため廃車にすることになりました。

最後まで相当未練たっぷりで後ろ髪を引かれたのですが、仕方なく諦めました。


91年9月に新車で購入し、2004年の1月までですから約13年、走行距離も13万5千キロくらいだったと思います。

その間にエンジンの載せ替え1回と、専門店でのオーバーホール1回、
停めていた駐車場で全周に10円パンチをくらい、全塗装も1回経験し、最後まで綺麗で元気に走ってくれて、本当にいい愛車でした。

最初のドライブは谷川岳天神平へ、もちろん今の奥さんとです。
体育の日のあたりで天気も良く、関越道も途中からオープンにして走って、サービスエリアに着くと注目を浴び、声をかけてくる人もいたのを覚えています。

いろんなところに行ったし、サーキットも走ったこともありました。規制が厳しくなってきてロールバーを入れたけど、入れてからはサーキットを走る機会は無かったと思います。

鈴鹿のF1にも2回行きました。
あの狭いクルマで車中泊、しかも2度目はロールバーのせいでほとんどシートが倒れず辛い思いをしました。
通勤にも仕事にも使っていました。

すごく気に入っていたので一生手放さないくらいのつもりでしたが、2シーターだったので家族が増えるときにキッパリと(いや、相当逡巡して)諦めました。

しばらく買い取り手を求めて回ったのですが、走行距離が多いこともあり、結局実家で兄貴が乗るという道を選択、
いつでもまた乗れるという嬉しい環境だったのですが結局乗らず仕舞い、
ものごころついた息子がオープンカーがかっこいいと言い出した頃にはもう不動車でした。
復活させて、一度でも息子とドライブしたいと願ってましたが、宝くじでも当たらなきゃ、そんな贅沢許されません。
(今でも分不相応な贅沢しちゃってますからね~)


そんなわけで実家で泣く泣く別れを告げて来たのですが、
最後にDNAのひとつ、BBSのホイール(純正もそうでしたが社外の16インチRS)を外したので

続きを読む

ムル遭遇


土曜日、府中の実家に帰った際、近所のコインパーキングにクルマを停めようとしたら、
シルバーのムルティプラが停まっていました。

隣が空いていたので思わず並べてしまいました(笑)。

ちょうど激しい雨が降っていたのでこんな写真ですが、
やっぱりほのぼのしますね~。

マクラーレンMP4-12C


今日、お昼を食べに会社から出て歩いていたら、
こんなクルマが停まっていました。

マクラーレンMP4-12C。
無造作にハザードをつけて路上駐車。

まさか後ろのコンビニに寄ってる訳でもないでしょうが。

オーナーはいませんでしだが気恥ずかしいし、遠慮がちに1枚だけ撮らせていただきました。

2790万円だそうですが、どんな人が乗っているのか、それともデモカーかな。

そういえば販売代理店はどこがやるのでしょう、または直営店?


まぁ関係ないしどうでもいいか。

たまプラでブラスバンド



土曜日、ランチにたまプラに行ったら、
広場でブラスバンドの演奏をやっていました。

息子が興味を持って、スキップしながら見に行きました。
後ろのべーグル&べーグルで食べながら鑑賞させていただきました。

都田中学校のブラスバンドだそうで、結構上手で気持ち良く聞くことが出来ました。

さかなを食べるなぞの人手


息子の、学校での作品です。
どういう趣旨のものなのか解りませんが、
相変わらず子供の想像力、創造力はすごいなと思います。
プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。