スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は冬が寒くて、3月に入ってから暖かい日があって、桜が早くさきましたね。

先週末、IKEAに行ったときに、近くの水路の桜並木でちょっと花見。



たまプラで夜桜を見ました。


スポンサーサイト

ビアンキで鶴見川サイクリング

親子共々自転車が代わったことでかなり足が伸びたので、一気に鶴見川の河口まで行けるんじゃないかと、走り出しました。



でも、かなり向かい風が強く、途中で何度もペースダウンを強いられ、息子は段々お腹が空いたと文句が多くなり、結局綱島まで辿り着いたところで断念。

第3京浜を超えたところの首都高速の工事は支流の川を跨ぐかたちになっていました。
なんか前回みたものをそのままずらしたような気がするんですが…



風に立ち向かい、綱島の土手を登ったところのコンビニでオニギリを買って、土手に座ってのんびり食べました。

去年はここで大事件だったなぁ~、とか、
昨日から東横線は渋谷駅が地下になって、直通運転になったから、ここでも西武線の車両がはしってるね、とか話しながら。

(でも写真は横浜市営地下鉄です。写真撮ろうと思ったら西武線の車両が全然来なくて。)


戻り道、今度は追い風かと思ったのに、何故かまた向かい風。
途中、日産スタジアムのところ、新横浜公園に下りて、セブンティーンアイス自販機休憩。


まぁゆっくりと帰ってきました。
走行距離は往復で、サイクルコンピュータによると37kmくらいでした。


Jリーグ、マリノスvsジュビロ磐田

今シーズンも始まりました。
開幕戦は見に行けなかったけど、ホーム2戦目、ジュビロ磐田戦を日産スタジアムに見に行ってきました。

今回はいつものアカデミー応援席ではなく、応援団の上の2階スタンドに陣取りました。
そしてママ念願の巨大Tシャツの下に入ることが出来ました。


ゲームのほうも、前半終了間際、先制点を取った直後に取り返され、いやな前半の終わり方でしたが、後半早い段階で2点目を取り、その後相手の一発レッドカードもあって、なんとか守り切りました。



これで開幕3連勝、始まったばかりですが単独首位と気持ちよく、ついついねだられるに任せてパラソルを買ってしまいました。


このパラソル、次は使えるかな?

ムルティプラのサイドブレーキ

噂には聞いていましたが、ムルティプラのサイドブレーキが凍結して解除出来なくなりました。

二度上峠で駐車中、外は気温ー5度とか。風も吹き付けていたので、そこまでの雪道で巻き上げた水分がすっかり凍ったようです。

坂道なのにサイドブレーキを下ろしても、全然動きません。
その寒さのなかでは何も出来なく、仕方なく無理矢理ゆっくり山の反対側まで移動し、金属の棒でワイヤーを叩くと氷が飛びました。
それでも動けず、何度かレバーを上げ下げしたり、ゆっくり動かしてみたり、そんなこんなしているうちに、何とかなりました。

浅間山、パンスターズ彗星

軽井沢スノーパークの帰り、今回のもう一つの目的はパンスターズ彗星です。

ちょうど見え始めると言われてる日で、また高度も低いし明るさもわかりませんが、日没後の西の空に見えるはず。

夕方からよく晴れて雲もなく、空はバッチリ。西が開けてる二度上峠なら見られるのではと、時間を合わせて上がって行きます。


相変わらず風は強く、気温もー5度まで下がっています。
段々暗くなってくるのをムルティプラの中で待ちます。
この日のためにって訳でもないけど、星の写真が取りたくて買った30mm、f1.4のレンズを取り付けたSONYのデジタル一眼を三脚にセット、いい時間になるのを待ち構えます。

でもやっぱりまだ条件が厳しく、なかなか薄明が消えていかないうちに、時間がたち、とうとう見えず仕舞いでした。
カメラの目ならどうかと一応シャッターは切りましたがダメですね~。

すっかり冷え切ったので、二度上峠を下りてすぐのところにある日帰り湯「はまゆう山荘」に寄りました。


確か温泉ではないって聞いていて敬遠してたんですが、
いってみると立派な建物でまるでホテルのようなロビー、そしてちゃんと温泉でした。露天風呂はないけど広くて窓も大きくて、時間が遅いし山奥なので人がいなくて(完全に貸し切り状態でした)とっても良かったです。


出てきてクルマに乗る時、見上げると満天の星空でした。

榛名から軽井沢スノーパークへ

週末は榛名に泊まって、日曜日は朝からスキーに行くつもりでした。

ママが仕事の疲れで行きたくないとのことだったので、息子と二人で夜になってしまってから出発。

途中で食事もして、11時頃に到着。
月のない夜で星がきれいだったので写真をとって見ました。

こんな時間に着いたのに、室内は15度あり、ストーブはいらずコタツで十分でした。

翌朝、部屋の中は暖かく、すっかり寝坊しました。
庭にでてみると寒暖計は25度!
南風が強く、黄砂だか花粉だかで縁側も、昨日洗車してきたムルティプラも黄色く染まっており、スキーなんて気分ではなくなってしまいました。

息子とのんびりしながら、じゃあ早く帰って自転車乗りに行こうか、なんて話しながら、スキー場の天気をチェックしてみると、軒並み0度とか。
何で?じゃあやっぱりスキーかと、急いで準備してとりあえずクルマに乗りました。

いつものホワイトバレーなら1時間ちょっと、と思って出たのですが、帰りのことも考えて、1時間以内で行ける軽井沢スノーパークへ行くことにしました。ちょうどJAF会員半額もやってるし。

方向を変えて倉渕あたりに行くと、風が嵐のようになり、雨が降り出しました。気温はぐんぐん下がり13度。
さらに二度上峠を目指すと、雨が雪に変わり、峠を越えるころには気温0度!完全に吹雪です。



北軽井沢側に降りると吹雪は収まりました。
スキー場に着いて振り返ると、峠のあたりは雪雲に覆われてました。

さすがに春の雪でしたが天気も回復して、浅間山を正面にみながら、そこそこ快適にリフト終了まで滑りました。





つづく

新車でサイクリング、寺家へ

富士から早く帰れたので、早速新車で寺家までサイクリングです。
と言っても昨日よりちょっと余計に走っただけですけど。


以前の折りたたみ自転車に比べたら楽々行けるので、ちょっとそこまでって感じですね。

サイクルコンピュータを取り付けたのですが、往復11kmってところです。


帰ってきて、鶴見川から家までの上り坂も、24段のギアのおかげで止まらずに上がって来られました。
が、結構筋肉痛です(笑)。

デルタ・チャレンジ、富士スピードウェイ

今年で3回目の「デルタ日本一決定戦 デルタ・チャンピオンレース」改めて「デルタ・チャレンジ」に参加してきました。

今回は、特に関西勢の参加が少なく、総勢16台と昨年までに比べると大分寂しいものになりました。




他クラスとの混走と言われてましたが、スタッフの方々の努力と主催のアルファロメオチャレンジ事務局のご厚意で、予選、決勝ともデルタだけで走らせていただきました。
やっぱりトラブルリスクも高いので他車種と混走は気が引けるし、何よりデルタだけで走るのは気分も盛り上がって気持ちいいですからね。


さて、先週走っているのでプラクティスは走らず、いきなり予選です。
しかも時間は僅かに16分。1周目で温めて、2周目で調子を確認して、3周目からアタック、と言ってもうまくいっても5周でしたが。
で、予選のタイムは4周目の2分15秒187、
予選出走15台中の14位、チャレンジクラス6台中の5位です。
前とは1秒4の差、後ろとも差が十分あるので順当にいくと順位の変動はありません。

やっぱり先週のベストタイムは出ませんでした。あの日は風が強くて、恐らく偶然追い風だったんでしょうね。
今日はほぼ無風状態でした。

ちなみに今回はスポイラーは半立て状態です。やっぱりデルタとしては全く立っていないのはイヤなので。

迎えた決勝レース、参加台数がすくないのでこんな順位でも随分前からのスタート、ボードを持ったレースクイーンも良く見えました。
シグナル オールレッド、ブラックアウト!でスタートですが、相変わらずデルタのロケットスタートは慣れないので普通にブーンと行きます。
順位も変わらず順当に、と思ったら4台ほど前のクルマがストール?でスタートできず、1個順位を上げました。でも2周目に抜き返されましたが。

やっぱりその後も接戦になることなく、前は見えているけど追いつかない、単独でタイムアタックをやってるような状態が結局最後まで続きました。

おかげでレースタイムは2周目3周目、6周目7周目が2分15秒台、
4周目5周目、8周目が2分14秒台とそろって、ベストは5周目の2分14秒490と、かなり満足なものとなりました。

最終的に順位は総合12位、クラス4位でした。(過去最高位です、あたりまえか。)


ぶっちぎりの予選タイムで優勝間違いなしのはずだったマサトさんがリタイヤという波乱、いや予定通りですか?はありましたが、皆さんおおむね無事に終わったようです。

チャレンジクラスのトップは、いつもの顔なじみのあんじーさん。愛車が壊れてオートスポーツイワセさんのショップデモカーでの参戦と、ちょっとうらやましい状況でしたがきっちり乗りこなしての堂々トップでした。

ここまででお昼前に終わるという半日イベントは結構うれしいです。
本当は関西勢の帰りも考慮してだったと思いますが、来年は戻ってきてほしいですね。
やっぱりデルタでフルグリットなんて、とってもかっこいいですからね!

主催の皆さま、ぜひ来年もよろしくお願いします。お疲れ様でした。

試走

早速ちょっとだけ走ってみました。


といっても夕方にちょっとしか時間がなかったので鶴見川沿いをサイクリングコースの起点まで、3kmほど走って戻ってきました。


前のとの比較は意味ないですが、
軽いし、スピードは出るし、とにかく気持ちいいです。

自転車でも剛性感って感じるものですね、フレームがしっかりしていてダイレクトにくる感じ。
その分たしかに腕が疲れそうです。

買っちゃいました。ビアンキ

そしてデルタチャレンジ本番、
の前に実は大ネタが!

買っちゃいました。ビアンキ、といってもさすがにクルマのほうではなく、
クロスバイクです。

息子の自転車買ったらあの折りたたみ自転車じゃあ着いて行けない(というか疲れる)のは目に見えてたので、半年くらい検索しては悩んでいたんですが、いや、いつもながら心では早い段階で決めていましたけどね。
表参道のビアンキショップ見に行ったのも夏過ぎだったと思うし。
そうこうしているうちに自由が丘にはビアンキカフェがオープンするし、見に行くと益々欲しくなって、初心者は実店舗で買うほうがいいと思いつつ、最後はやっぱり倹約のためにネットショップで探して、カラーもホワイト/チェレステがいいなと思ったら結構在庫がないもので入荷時期未定とか、だったらチェレステでもいいかなと、そんな中、たまたま在庫少数ありになったタイミングに見てしまって…

ついにポチってしまいました。

カメレオンテ2という、軽いスポーツタイプの中では一番安いやつです。
この辺はMADE IN TAIWANです。



通常納品までに7~10日、と思ってたらその週末の土曜日に間に合わせてくれるとのメール。
かくしてデルタチャレンジ前日の納品となりました。


実店舗がどこまでやってくれるのかは知りませんが、ネットショップのほうが5%ほど安く、スタンドとチェーンロックがサービス。
ロックは色が選べないってことで、ピンク!がきましたけどね(笑)。
あと、防犯登録が評価をすれば無料。
オマケにビアンキのドリンクホルダーとドリンクボトルまで付いてきました。










まず、見た目は大満足です。
プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。