スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友だちと河口まで

息子の小学校の同級生で、同じサッカー好き、マリノス好きで、いつもマリノスの応援に一緒に行く友だちが、息子の自転車話に興味を持って一緒にサイクリングに行くことになりました。
息子も乗り気、友だちに合わせてロードバイクではなく24インチのキッズサイクルで行くので、あまり無理なく、そこそこ冒険で達成感もあるルートを考えて、鶴見川の河口を目指すことにしました。

二人とも忙しく、お昼からの出発で、片道3時間として6時に帰って来られる予定。

天気が良くて最高気温が30度にもなる暑い日でしたが元気に出発。
最初から楽しくておしゃべりが止まらない二人、ロードバイクではゆっくり走らないと置いていってしまいます。

まずは鴨居の駅のところまで、コンビニでおにぎりを買ったりしてお昼ご飯です。

日産スタジアムまで来ると、友だちも自転車でこんなところまで来られることにビックリしてる様子。

先は長いですが、二人でいろいろ発見しながら、話しながら、楽しく進むので、全然辛くはないようです。


その後も順調に進み、河口が近づいて来たところのコンビニで、二人で河口に着いたら食べるものを買い物。

最後はごちゃごちゃと街中や、交差点の地下道などを通って、ほぼ予定通りに河口に到着。
ふたりは補給ゼリーで乾杯、海苔巻きや、なぜか野菜スティック、僕にはどら焼きで腹を満たし、水辺の遊び場でタップリ遊んだので帰りはちょっと頑張らないといけなくなりました。

暑くて喉が渇いて大変でしたが一気に日産スタジアムまで戻り、新横浜公園でゆっくり休み、
その後も頑張って、6時30分くらいに帰って来ました。


さすがに疲れてはいたようですが、二人とも最後まで楽しそうで、
今度は日産スタジアムのマリノスは自転車で見に行こうと約束して別れました。

走行距離は52km、よくがんばった!
スポンサーサイト

ツアーオブジャパン 東京ステージ

日曜日、日本のサイクルロードレースの最高峰ツアーオブジャパンの最終ステージを見に行って来ました。

日比谷公園からのスタート、わずか15分前くらいにギリギリ到着して、ランプレメリダの選手が本当に目の前からスタートするのを見ました。


それから長蛇の列に並び、無料のシャトルバスで大井埠頭に移動、
周回コースを観戦したり、公園のイベントやショップの出店を覗いたりして、
最後はゴールの50m手前のコースサイドで迫力のゴールスプリントを体感しました。


帰りも品川までシャトルバスのつもりが、表彰式が終わるまではあまり台数がなく、結局乗れずにモノレールまで歩くことになってしまったのはちょっと計算外れでしたが。

運動会

小学校の運動会も5回目、残すところあと2回になりました。

今年もお天気に恵まれて、気持ちいい一日になりました。

徒競走ですが、本人の予想はどう頑張っても1位は無理、2位か3位とのこと。最初から2位のつもりで走っちゃダメだと話しました。


結果は…

やっぱり2位、でも結構接戦だったし、表情が真剣で、頑張ったけど2位、という感じだったので良しとしました。

今年は直前に、おじいちゃんが入院してしまい、ちょっと寂しいお弁当タイムでした。

本人は自分の白組が勝てたので満足げでした。1年生以来かな~。

ハルヒル、初ヒルクライム

快晴の日曜日、群馬県で行われた「第2回榛名山ヒルクライムin高崎」通称ハルヒルに親子で参加して来ました。
といっても小学生なので参加できるのは初心者コース、伴走者が必要なので僕は伴走だけで計測なし、後から気がついたのですが、伴走しながら参加申し込みもアリだった!
前日に受付を済ませ、ひろばの出店でついつい買い物もしながらどんどん気分が盛り上がります。


朝は集合が6時から、5時起きで息子も起こしてバタバタと出かけます。榛名の家から10分で下れる小学校が指定駐車場。
そこから5分ほど移動して集合場所へ、
何しろ5千人も参加する大会、人と自転車の数は圧巻でした。でも見えない奥のグラウンドにはもっと多くの参加者がいて、5分おきに整然とスタートが進行、次から次へと自転車が出てきます。
上級者コースからなので1時間待たされましたが、遅れることもない運営は素晴らしいですね。


いよいよスタート地点への移動、緊張しながらも沿道の声援に気持ちは昂ぶります。
スタートは高崎市役所榛名支所、昔は榛名町役場の前で、街中からなので、朝早いのに地元の人達が総出で盛り上げてくれている感じです。
これはレース中の上り坂も、別ルートの下山コースでも、ずっと続いてて、本当に素晴らしかったです。
やっぱり「ガンバレ!」って旗や手を振ってくれている人の前で止まるわけにいかないし、周りにたくさん人がいて、同じように頑張っていると、もう1人抜きたい、抜かれたくないという気持ちになってアドレナリンが出てきますね。

結局、レースのほうはやっぱり息子が段々先行して置いていかれそうになりましたが、でも最後の鳥居のカーブまで見える範囲でついていけました。
途中から左のふくらはぎが軽く攣ってどうしようと思いましたが、最後まで止まることなく、脚を着くこともなく、走り切りました。


息子のタイムは25分22秒、400名以上の完走者のなかで、大人まで含めて69位ですから随分頑張ったと思います。
予想は途中で1回休憩して40分くらいかなと思っていたのでなかなかだと思います。
僕もそれから30秒以内くらいで着いたので、100位以内相当くらい、初ヒルクライムにしては上出来だと思います。
初心者コースですけどね。

辛かったけど、またやってみたいという気になったし、来年はもちろん、それまでに何かそこそこで小学生も出られるのがあればまたチャレンジします。

ちなみに来月は霞ヶ浦1周に参加します。

宮ヶ瀬トレーニング

ハルヒルを前に、少しでも登りの練習をしておこうと、宮ヶ瀬に行きました。

日曜日、夕方からは息子は予定があるし朝はゆっくりだったので、現地までクルマで行き、坂だけ登るつもりでルートを考えました。

サッと高速で行って七沢森林公園からと思ったのですが、駐車場がいっぱい、仕方なくもう少し上がって清川村役場の駐車場に止め、後半のキツい登りだけを走りました。

わずか3kmほどですが、おそらくハルヒル初心者コースのきつめのところが続く感じで結構大変でしたし、いいトレーニングになったかなと思います。

湖畔に出ると、天気もいいし気持ち良くて、すぐ戻るつもりがもう一つ先の駐車場まで行ってしまいました。


クルマまで戻って、渋滞にハマる前に帰って来られたので良かったです。

これで来週のハルヒルに臨むわけですが、正直なところ僕はちゃんと完走出来るのかかなり不安です。息子はひょろっと行っちゃいそうですけどね!

また後戻り、vsサガン鳥栖戦

土曜日、中断前のホーム最終戦に行ってきました。

天気も良く、試合前には三陸からのサンマ配布もとっても美味しくいただき、気分良くゴール裏に入ったのですが、試合の結果は残念ながら…

どうして前半のあの時間に失点するのか、それも今回は2点も取られて。

ハーフタイムに後ろを振り返ったとき、サポーターたちの険しい表情が並んでいてかなり怖い雰囲気でした。

後半は開始早々から攻め込みますが、それでもなかなか点は取れず、終了直前に俊輔の今シーズン初ゴールが出たのがせめてもの救い、にもならないかなぁ。

今週も落胆です。

ウィリエール親子の榛名チャレンジ後半

花園から藤岡に行く途中に「元阿保」という交差点があります。「元阿呆」かと思って内輪では名所になっています。

そこを越えると神流川を渡り、群馬県に入ります。
藤岡、高崎を抜けて、いよいよ榛名山です。

再来週のハルヒルの初心者コースの途中あたりにゴール地点の別荘があります。
初心者コースとはいえ、130kmをあとにしての登りは死にそうな思いをしながらでした。
やっぱり息子は楽々登って行きました。

写真はほとんどカメラで撮っていたのでまたの機会に。

総距離142km、7時出発の18時40分ゴール、11時間40分。獲得標高は2491m。
距離も標高も過去最高です。

ウィリエール親子の榛名チャレンジ前半

今日、朝の7時出発で榛名を目指しています。
多摩川を越え、府中を抜けて府中街道北上、
所沢の航空公園を越えて入間川、
狭山日高、都幾川、小川町、荒川を越えたところで休憩してます。

久っさしぶりの快勝、vsガンバ大阪戦

マリノスがやっと勝ってくれました。
リーグ戦は最初の3連勝のあと、まったく勝てず7戦勝ち無し、しかも無得点が続いていたのでサポーターのイライラも募り、前回のホームFC東京戦の負けでは大ブーイングでしたが、一番つらいのは選手であり、監督であり、何とか力になりたいというのがサポーターの本当の気持ちでしょう。



今回はチームバスの到着をサポーターみんなでスタジアムの外で出迎え、旗を振りながら、We are MARINOSを大合唱、去年の優勝をかけた新潟戦以来のことですが、それだけのサポーターの気持ちに選手達も応えてくれて、
久しぶりの得点はあの藤田選手、続けてセットプレーからボンバーのヘッド、いいカタチでの得点で試合は2-0で快勝、危ない場面もあって課題もたくさんのようですが、とにかく結果がだせたのが良かったです。




これで、ひとまず選手も監督も、サポーターもゆっくり眠れますね。ゴールデンウィークも気持ち良く過ごせそうです。
プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。