スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHY ムルティプラ?

細切れで引っ張ってきましたが、
最後に、ではなぜムルティプラなのかを。

ムルティプラが発表(発売かな?調べると本国発表は1998年、日本発売は2003年、なんと5年も空いています!)
された当時の印象は、
「なんなんだこれは!」なんであんなデザイン?イタリアではいいと思われるのかな?
ちょっとこれはないんじゃないかと、誰が買うんですかね~、
僕は絶対買わないな、まあミニバン系はもともとあまり興味ないと…

僕の場合、クルマはやっぱりかっこよくないとというのが最優先です。
だからスポーツ系、クーペとか、じゃなくてもデザインがいいとかじゃないと…

だから、GTVは最大2年半(来年の夏越えまで)と宣言していましたがそのあとは、
順当にいけば、まあアルファ156スポーツワゴン、いければセダンでも、
まあ159もありかな、などと考えていて、実際中古車情報も気にしながら見ていました。


一方で子供ができて家族3人を考えると、3人並列もいいなと、
知識の中でHONDAのエディックスというのがず~っと気になっていて、
つなぎだからありかな~とか、ちょっとスポーティーなスタイルだからとか、
中古がけっこう安いからとか、国産でもHONDAならまあいいかなとか、
頭の片隅にはありました。


そんな折、なにかで(なんだったかまったく覚えてないんですが)エディックスと同じように
ムルティプラも前席3人並列だという情報がインプットされ、
「お~!  その手があったか!」と衝撃を受け、
気になりだしていろいろ調べました。
(当時は眼中になかったし、3人並列になんの意味もなかったので全く欠損してました。(笑))


雑誌系はさすがにマイナーなクルマ、なかなか記事が見つからず、
ネットで調べていくと、結構高評価!


たとえば、webCGの笹目二朗氏のブリーフテストのレポート、すべて満点の評価です。
笹目氏はご本人も所有されているらしく、ブログにもよく登場します。
笹目氏がテスターの頃のCGは完読していたので、かなり信頼しています。

そのほか、ALL ABOUTのレポートもべた褒めって感じ、

carviewの試乗レポートも評価高いです。

ほかにもvividcarの試乗記、同じ系統でvividgarageの試乗レポート
カーオブサイヤー選考委員のジャーナリスト国沢光宏氏のレポートも、マイナー後ですがなかなかの評価です。

やはりマイナー後ですが、日経のC-Styleというサイトでは、こんな所有リポートも。やはりオーナーはべた惚れです。

まあいいことばかりではないので、正直なところでこんなのもあります。
Motordaysのレポート、結局は高評価ですが…


そのほか、オーナーのブログなどもいろいろありますが、
ほとんど楽しくて仕方ないって感じです。


ネックとしてあげるとしたら、

やはりそのボディ幅が大丈夫なのか、

あのデザインをよしとするのかどうか、

マニュアルしかないこと、

シートに無理がないか、

そしてイタリア車の信頼性がどうか、
くらいでしょうかね。


うちの場合、マニュアルは運転が僕だけだから気にしないし、
イタリア車の信頼性に関しても今更ですしね。

シートやボディ幅は実物を見て確認するとして。

そしてデザイン、これはそう思って見始めるとなかなかいいんですね。
見れば見るほど味わいがあり、さすがイタリアンデザインという感じで
どうもやられてしまいました。
結局、実際に中古車を探す時も、普通になった後期型の顔じゃ物足りなくて
前期型を探す始末です(笑)。




そんなこんなで評価に自信を深めて、
今度はクルマ探しです。


まあ、まずはお決まりのカーセンサーNETで見て行ったんですが、
(実際今時マニアックなイタフラ専門店も出しているし)
結構少ないんですね~、あたりまえか。
しかもそこそこの値段になっているのはかなり距離がいってるし、走行の少ないのはかなり高値です。
某店の過去の情報なども見ていくと、いいものはあっという間に売れてしまうようです。


とりあえず、まずは近場の店のモノを夜中にちょっとのぞきに行ってみました。
確かに幅はかなりあるけど、まあ大丈夫かなって感じです。


それから迎えた日曜日(9月5日)、都内の有名イタフラ専門店?「コレツィオーネ」に2台あったので
家族で見に行くことにしました。

この2台がまた悩ましく、ELXのシーラレッド、ELXプラスのカナリアブルー、
走行距離の違いもあり結構価格の差があります。
装備的には別にプラス(ダブルサンルーフ、アルミホイール、革巻きステアリング&シフトノブ…)の必要はないし、
予算(そんなもの最初からありませんが)を考えるとELXなのですが、
またまた同じような赤!、息子はGTVの時から「ブルーがいい!」って言ったし…


結局、見たらやっぱり「ブルーがいい!」、

試乗してみて幅もそんなに気にならないし(広い道だからですけど)
シートもいい感じです。
サンルーフも初体験で楽しいらしく「これがいい!」、
まあ運転手としてはステアリングが革かウレタンかも大きなポイント、

「先週出したばかりですが、ほかにも数件問い合わせが来ています。
2台のどちらかに決めたいっていう方もいます。」という店の方の声にも押されて
結局「ブルーのほうでお願いします!」と、潔く即決してしまいました。。。


今日、登録書類を一通りそろえて持って行きました。
納車はF1鈴鹿の翌日、10月11日の予定です。
やっぱりGTVには最後に鈴鹿までお伴してもらうことにしました。

ところで、このブログのタイトル、どうしましょうかね~
いつかはアルファロメオに戻りたいと願っておりますが…


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

縁ですね、縁。
タクマロンさんが買うことにはじめから決まっていたんですよ。ブルーのムルティプラは。
なにかこう、ワクワクするような毎日が待っていそうじゃないですか、ムルティプラとの生活。所有欲満点!
無論デルタあってこその前提ですけどね。

私は最近、仕事の関係で目にしたキャブコン型(ボンゴトラックとかの架装したやつ)キャンピングカーが気になって仕方ありません。私もむろん走りのクルマありきでの想定ですがね。
いつか叶えたいものです。

あ~、うちの息子も「キャンピングカーがいい!」って最近よく言ってます。
先日めざましテレビでやってるのも羨ましいそうに見てました。

まぁまずはムルティプラでいろいろ楽しんでみたいと思ってます。
確かにデルタあっての、ですね~。
プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。