スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムルティプラのインプレッション その2

ムルティプラのインプレッションの続編です。

運転が楽しい要因のひとつは、ハンドリング(というかステアリング)です。
ほかのイタリア車に違わず、あそびがなくソリッド、それに結構クイックです。
スッときれば、その通りに曲がっていく、その時の車体の揺れも許容範囲です。
ステアリングの直径も程よいですね、ちなみにGTVは38cmとちょっと大きめ、スポーツカーじゃなくGTカーなんだなと感じさせたところでした。

シフトも、位置はまあバスみたいな感じだけど(笑)、
ステアリングに近くて、レバーが短いのでショートストロークで、
これもあそびが少なく、コクコク入るので、楽しくて気持ちいいです。

こんなポイントが運転を楽しくさせていると思います。

エンジンは、ツインカムではあるけれど、あまり高回転向きではなさそうです。
カムに乗るって感じの音ではないし、逆に低回転でも扱いやすいです。
この辺は前オーナーの使い方の癖やしつけもあるかもしれませんね。
まあこれから少しずつ手なずけていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。