スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルタのタイミングベルト交換

2月19日にデルタをGRATOさんに預けてきました。

今回の目的は、タイミングベルトの交換。
前回交換したときから20,000km以上走っているし、
特に最近はサーキット走行が多く、そのほかのときに乗る機会は減っているので
結構気になりだすとドキドキです。
でもあらためて調べたら前回は2007年5月、57,000kmでした。
もうちょっと引っ張っても大丈夫だったかな。

まあ不安を抱えているのは精神的にも良くないし、
今度の富士スピードウェイのデルタチャンピオンシップに備えて
交換することにしました。



ついでに提案してもらったのは、バランサーシャフトベルトの除去。
アイドリング時(低回転時)の微振動と引き換えに、
レスポンスアップやバランサーシャフト自体の歪みによる抵抗増加の可能性もなくなります。
バランサーシャフトは両サイドをベアリング、真ん中をメタルで押さえているそうで、
それが原因で歪みが出ることもあるようです。


そして先日26日の土曜日、作業完了とのことで受け取りに行きました。

言われてみるとアイドリング時にちょっと振動が増えたかな、という程度です。
アクセルをあおったときの感覚は軽くなったような気がします。

いずれにしろ、これで安心して乗れます。


まあ問題もなさそうだし・・・
でも次の課題が・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。