スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルタ・チャンピオンシップのレースのほうは…

さてさて、まず予選結果はタイムが2分16秒768、
どのラップも失敗していたことを考慮すると、それでも前回より0.5秒以上アップなので、
まあ納得のタイムです。

順位は28台中20位、クラスでいうと13台中7位です。
このクラスというのが「マイスター」と「チャレンジ」の2つなのですが、
富士で言うと2分10秒を切る人はマイスターということになります。
僕のベストは2分17秒3ですから、当然チャレンジ、でも7秒も早い人も同じクラスの可能性あり、
ということになります。
案の定、クラストップはコタケさんの2分10秒832で断トツ、
2番手はABARTH7さんの2分14秒740、ここから僕の後くらいまでが割と接近しています。
エンジンはノーマル、トレッドもノーマル、タイヤもラジアルですからいいほうかなと。
結構Sタイヤ、ワイドトレッドのクルマも多かったようですから。

DSC01349.jpg

DSC01351.jpg

そしていよいよレース、なのですが、
パドックに予選順位順に整列してみると、ポツポツ空席が…
決勝出走を果たせなかったクルマが7~8台いたようです。
まあデルタですからね、仕方ないですね~。

ということで、決勝グリットにつけるだけでも幸せです。

さあピットロードから1周してグリッドにつき、3分前、1分前、30秒前
(見えることは見えるけど、随分遠いです。1位はあんなに前なんですね~)
赤シグナルが1個、2個…5個、そしてブラックアウトでスタート!!

ちょっと間が長くて合わなかったので、普通ののんびりスタートのようになりました。
とりあえず前のクルマについていきます。
後ろからは予選タイムがでなかったマイスターのクルマがビュンと前に行きます。

レースだけど、遊びだし、クルマ壊したら帰れないし、
ましてや人さまのクルマにぶつけるなんてことがあったら大変、と慎重に進みます。

1コーナー、先頭集団で混乱があったらしく、黄旗振動、スピンしているクルマが見えます。
ここは無難に抜けました。

その次の3コーナーでも黄旗、
100Rからヘアピンの進入で1台パス、でもシケインの進入では別のクルマにパスされ、
2週目の1コーナーではインを突いて1台パス、
てな感じで、結構アツくなります。

4週目くらいから、なんかいやな振動が…
クルマ壊れたか?エンジン?タービン?それとも駆動系か?
でもミラー見ても煙出ている様子ないし、パワーも落ちてないし。
ストレートに戻ってくると振動が顕著で、ついつい全開にできなくなります。
でも後ろは迫ってくるし、どうしよう。
オイル吹いて周りに迷惑かけたくないし、もう止めたほうがいいのかな、
なんてことも考えながら、でも普通に走るので、ドキドキしながら様子見です。

そのうちに、「もしかしてタイヤカス拾って振動が出ている?」ていう風に思うようになりました。
(本当はなんだかわかりません。でも徐々に収まった気もするし、帰りの高速もまったく問題なかったので今のところタイヤカスが有力です。)

それから、ハードブレーキング時に少しジャダるような感じです。
これはちゃんとチェックしないといけないかもしれません。


まあとにかく、予選時には「これは絶対8周持たないな」と思ったブレーキも
それほど効きが甘くなることもなく、何位だか知らないけど順位キープで迎えた7週目、
3コーナーの立ち上がりで前を行くクルマがスピンしているのが目に入りました。
そのままふらついてコース中央へ、仕方なくアウトのコース外へ逃げ、再びコース復帰。
でも、その時、後ろの2台に先を越されてしまいました。
(タイミング良くイン側に逃げられたのでしょう。)
悔しいけど仕方ありません、あの時インに逃げる選択肢は僕の位置ではありませんでしたから。

結局最終ラップのシケイン飛び込みで1台を抜き返しましたが、そこまで。
終わって初めて分かった順位はチャレンジクラスの完走10台中6位でした。


まあ僕としては安全な範囲内で前後の方と楽しくレースさせていただいたつもりです。
もし知らないうちに危険な目に合わせていたとしたらゴメンナサイ。

しかし、いつもはタイムを競う走行会でしたが、レースも結構楽しいもんですね。
デルタ同志っていうのもいいですね。

今回企画運営してくださいった皆さん、楽しませていただきました。
ありがとうございました。

あっ、それからレース後、ポンダーも返さずに表彰式、ジャンケン大会を楽しんでしまいました。
すみませんでした。


そんな感じで、珍しく結構ミスもしたし、バタバタでしたが、
またやれるといいなと思いました。
DSC01352.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ふーむ。
なかなか楽しまれたようですね!
レースならではの緊張感は貴重な経験になりますし。

富士のレーシングコースだと、なんか走っている最中に独り言いいそう。
「くそー、抜けないなあー」とかね。

いいですねー。やめられないですねー。サーキットは。
プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。