スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災の記録1

被災地の人々の心痛や苦労には比べるべくもありませんが、
日記として、自分の生活上の影響についても記しておきたいと思います。

横浜市青葉区に住み、東京都港区の会社に勤めているわけですが、
それでもかなりいろいろな影響がありました。
ニュースなどにもなっていますが、実体験としてお伝えもしたいと思います。

まず、地震の瞬間ですが、
僕は会社の1Fでミーティング中でした。
最初は大きな振幅の揺れ、そのあと細かく激しい震動が来て、
メンバーが次々建物の外に出ました。
周りの建物からも多くの人々が道路に出ていました。

比較的新しく、耐震強度も最高レベルといわれている建物で崩れるとかの不安は感じず、
ショールームになっている割と広い空間にいたのでむしろ中のほうが安心そうで、
そのまま中にとどまり、すぐにテレビを確認に行きました。
東北地方で大きな震度を記録していることが分かりました。

少し落ち着いてきてからミーティングを再開し、終わってから再びテレビを見に行くと
そこに映し出されているものはまったく信じられない映像でした。

大きな津波が街を飲み込み、船が建物を超えて流れ込んでいます。
それ以上は…、文章にもできません。
その映像からは、恐ろしい被害が容易に想像出来ました。

徐々に広がる津波警報の範囲、それもただの津波から「大津波」の警報に変わり…
会社の目の前は東京湾からの運河で、良く見ると徐々に潮位が下がっていきます。
津波の前兆、東京湾も1メートル以上との予報、
さすがに水面との差は2メートル以上あるので、
少なくともオフィスのある2Fは大丈夫そうですが不安です。

その後水が戻ってくるとき、少し大きめのさざ波の状態が見えましたが、
潮位自体はあまり上がらなかったようです。

結局定時の6時まで普通に仕事をし、
でもその前に官房長官から「勤務先での待機を」という会見、
確かにすべての電車が止まっているとのことで、帰るすべはありません。

自宅に向けて歩きだしている人も大勢いるとの報道ですが、
ターミナル駅周辺は大混乱のようです。
家までは約25km、歩くのも不可能ではないけど、もう少し様子を見ることにしました。

その間、一番気になるのは学校から学童保育に行っていると思われる息子のこと、
学童への電話は一向につながりません。
災害時は、最後のお迎えまでは責任を持って預かってくれることにはなってはいますが、
そもそも無事なのか、被害がなかったのかもわかりません。
ママとの連絡も、電話はつながらず、メールは行っているはずですが帰ってきません。

結局18時半位にまとめてメールが入ってきて、
19時過ぎにママと連絡が取れて、
当然ママも同じ港区内の会社から帰れず、
頼みはママの実家、横浜市内で自宅からクルマで20分ほどのところに住んでいるので、
息子の学童へもそれくらいで行ってくれる距離です。
(迎えが遅くなるときに、代わりに行ってもらうことも多いです)

20時過ぎに、やっとママが実家に連絡がついたそうですが、
もうとっくに迎えに行ってくれていたそうです。
その日はそのまま実家で預かってもらうことになりました。

21時を回る頃には、地下鉄が少しずつ運行を開始しました。
でもJRはその日の運行を取りやめることを発表、
社内でも帰ることを断念する人、歩いて帰る決断をする人、
それから、動き出した鉄道の状況で何とか帰れそうな人が出てきました。

23時少し前、東急が全線でとりあえず運行を開始とのニュースを得て、
とりあえず帰るルートがつながったので、会社を後にすることにしました。
まずは都営地下鉄浅草線、ホームにはタイミング良くスムーズに入れ、
ちょうど出ていく電車を見送ったのですがかなりの混雑です。
それから10分弱待ち、ホームが溢れそうになった頃に入ってきた電車は
すでに満員状態、数人しか乗れなかったのですが、
それでも最前列に並んでいたので何とか乗りました。

そんな状態から乗り換えた東急大井町線は、
JRが運行していないために乗ってる人も少なく、楽に乗れました。
そして田園都市線に乗り換えるのですが、これがまた超混雑、
1本見送ってその次にやっとなんとか乗れました。

結局、通常1時間ちょっとのところを、2時間かけて、深夜1時過ぎに家に帰ってきました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。