スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命の星・地球博物館


2日は横浜の開港記念日、小学校はお休みです。

学童保育もやってくれないので、両親とも有給休暇をとってお付き合いです。
口実に会社休んだともいいますが(笑)。

で久しぶりにデルタでドライブ。

行き先は小田原の神奈川県立生命の星・地球博物館です。
元々箱根に行くときなどに目にしてて、一度行ってみたいと思ってたところです。
息子が今興味をもってることにもピッタリです。

残念ながら雨でしたが、デルタでサーキット以外にちょい乗りじゃなく向かうのは本当に久しぶり、

特に今回は調子も万全で、エアコンのいる気候でもないので、法定速度内で走ることだけが唯一の苦痛で運転を楽しみました。
同乗者はどっちにしろ寝るようですが。


で博物館ですが、これが結構見応えありました。
そんなに広くはないのですが、陳列の仕方がいいのか、空いてたからか、
見やすくて飽きないです。

地球の誕生や生い立ちが、隕石や鉱石の標本、様々な岩石の巨大な標本などとともに説明されていて、ここの充実度はかなりのものでした。


生命のほうも剥製や骨格標本の多様なこと、
数日前の朝日小学生新聞で、ここのが日本一大きいと知った
(それで行こうということになった)リュウグウノツカイの標本も発見、

圧巻は昆虫標本の多さです。
こんなでかいカミキリいるのか、
こんなにリンプンが輝く蝶がいるのか、
と驚くばかりでした。




息子は従兄弟に見せてあげたいと、僕のカメラを取り上げて、
「あ~、大変だなぁ」
「うへぇ、こんなの見たことないよ」
などと言いながら隅から隅まで写真を撮っていました。


そのほかにも3階にあがると神奈川の生態系などのコーナー、
ここでは丹沢山地や伊豆半島が、それぞれ別々に太平洋プレートに乗って北に向かってきて陸地に合体したことを初めて知りました。

日本で絶滅した生き物、植物の中に、子供の頃からふつうに知っていたものが多いのにも驚きました。

そして人間が環境に与える影響のコーナー、温暖化やオゾンホール以外にも、
危機感を持たされるものばかりでした。

結局閉館時間までたっぷり見て、それでもまたゆっくり見に来たいなと話しながら、
さらに強くなった雨の中を帰ってきました。

東名高速は横浜町田インターの出口が事故で通行止め、横浜青葉インターに流れるクルマが多く、思わぬ出口渋滞に、危なくぶつかりそうになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。