スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンデースマイル 袖森フェスティバル



デルタがヒューズだけで復活してくれたので、
日曜日は無事袖ケ浦フォレストレースウェイを走ることができました。

ワンデースマイルの第7回袖森フェスティバル、参加は2回目からだからもうこれだけで6回走ったことになります。

今回は気温が低いのでクルマの負担も軽く、タイムも期待できそうです。
まぁタイヤがもうツルツルで限界なのでそこは要注意ですが。

12月の富士で実感したリヤスポイラーの効果がここではどうかが今回のテーマ。

まず1回目、スポイラーをフルに立てた状態で出て行きます。
路面温度も低いしタイヤも温まっていないので滑ります。慎重に、少しずつペースアップ、と思ったら、最終コーナーで1台がスピン、クラッシュ、いきなりの赤旗です。
そのあと何周かは走れましたが何となくペースが掴めないまま終わりました。
タイムは1分24秒436。まだまだ調子が出ていません。

2回目、今度はスポイラーをまるごと外します。
ストレートは早いはず、ですがインフィールドの回り込むコーナーや裏ストレートの緩やかなコーナーではリヤがムズムズっとし、コントロールが必要です。
間合いを取りながら何度かアタック。
結構周回を重ねることが出来、最終ラップでベストタイム、1分23秒461です。
でも10月のタイムと大して変わらないし、去年の2月は23秒フラットぐらいだったので、
もしかしたらコーナーが遅いのかな、って感じです。

なので3回目はスポイラーはスペーサーなしで起こした(45度くらい?)状態でチャレンジ。
今度はコーナーでの安定感が増して、特に1コーナーの先のストレートのゆるいコーナー(2コーナー?)は
結構踏んでいけます。
ストレートのスピードも体感では変わらないし(というか感じる余裕なかったです)、
結局今度も周回を重ねた最終周にベストタイム、1分22秒925。
その2周前がセカンドベストで22秒946。
初の22秒台突入です。



他の要素がどう影響しているかですが、
気温は確かに2回目より3回目のほうが低そう、
タイヤはインターバルがあったのでタレはなさそう、
クルマも今回はノートラブルなので、
袖ヶ浦はある程度スポイラーでダウンフォースがあったほうがタイムがいい、というのが結論かな~。


今回、デルタのお仲間はあんじーさんとよねてぃさん、
お二人ともロールバーにワイドトレッドでかっこいいんですよね。
あんじーさんのミッショントラブル心配ですが、復活してくださいね。

そうそう、帰ってきたらメールが…
そう、3月4日富士スピードウェイで今年もデルタ日本一決定戦が開かれるそうで。
ぜひ行きたいですね~
うーん、タイヤどうしようかな~

あっ、それから、帰り道にふとブーストコントローラーに目をやると、
モードが「ノーマル」になっている!
「ハイ」に切り替えてたつもりだったんですが…
ってことはまだタイムを伸ばせたってことか~、残念。
(ちなみに設定は、ノーマルが0.9bar、ハイが1.1barです。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。