スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムルティプラで深夜の箱根へ


1日水曜日の夜、ムルティプラで箱根を駆け上がり…


と言っても走りに行ったわけではありません、当然ですが。


実はその日から2泊3日で息子が学童保育のサマーキャンプに参加して、友達と楽しく箱根へ向けて出発したのですが、

夕食後に少し戻してしまい、39.5度の熱があるとのことで、迎えに来るよう呼びだしを喰らったのでした。

滅多に熱など出さず、まして車酔い以外で戻すことなどほとんどなかったので(最後に戻した記憶はGTVのリヤシートに押し込められた時。諦めるきっかけでした)ちょっと心配したのと、引率の先生は翌朝早いのに迷惑かけちゃいけないなと思いつつ、芦ノ湖の湖尻付近の、箱根高原ホテルを目指します(贅沢にもホテルに宿泊です)。
ナビに従って小田原厚木道路、湯本から国道1号を上るルートで、約1時間あまり、平日の23時頃は走ってるクルマも少なく、非力なムルでもいいペースで走ることが出来ました。

一瞬デルタだったらとも思いましたが、目的が違いますからね。


到着し、先生に連絡して部屋まで行くと、寝られないのか目を覚ましていて、すぐに出て来ました。
熱は下がってないらしく、相当熱い状態で、声も変でしたが、グッタリはしてなかったのでちょっと安心しました。

聞くと、食事もちゃんと食べたし、眠いとは言ってたけど元気に枕投げもしてたようです。
歯磨きしてるときに急に戻して、計ってみたら熱があったってことらしいです。

とにかく挨拶してクルマに乗り込み、今度はゆっくりと、少しでもカーブが少ないほうがいいと思い、乙女峠から御殿場に下りました。


実は、「私も行ったほうがいいかな」と助手席にママが乗り込んだのですが、行きのワインディングでグッタリになり、ホテルで降りてくることも出来ずに寝てたのは秘密です、どっちが病人なんだかね(笑)。

そんな訳で夜中に帰ってきたのですが、翌日の午後にはすっかり元気に。
おそらく水分補給が足りてなくて、熱中症だったのかなと思います。
熱中症も怖いですからね。これを教訓にしっかり水分補給するようになって欲しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。