スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三鷹★星と宇宙の日

今年も三鷹の国立天文台の特別公開日に行ってきました。
DSC00546.jpg

宇宙大好きの息子にとっては外せないイベントです。聞いた途端に「行く!行く!行く!」

でも残念ながら土曜日は授業参観日で5時限まで授業、それからなので夕方2時間くらいしか見学時間はありませんでした。

いろいろ展示を見ていると結構あっという間に時間が経ってしまうのは去年経験済みなので、
去年時間切れで見れなかったところから、どちらかというと歴史を感じられるところから行くことにしました。
まず、第1赤道儀室。20cm屈折式望遠鏡の、今となっては小さなドームで国の有形文化財に指定されている建物です。いかにも天文台という感じの建物です。
DSC00549.jpg

そして、レンガ造りの重厚な建物がいい雰囲気の太陽塔望遠鏡の「アインシュタイン塔」。
DSC00554.jpg

こちらも有形文化財で太陽分光写真儀室ともいうようです。
3階建位の塔の上にドームがあり、そこから2枚の反射鏡で導かれた太陽の光が地下室部分で分光器にかけられそのスペクトルを観測していたそうです。
アインシュタインの相対性理論の実証を試みたことから、アインシュタイン塔と呼ばれているそうです。

ここで息子がはまったのは、古い観測道具もそうですが、「天文月報」という日本天文学会の会報。
かなり古いものから陳列されているのを1枚ずつ一生懸命写真に収めてました。
ん~マニアックです。

その後は、ゴーチェ子午環、少し新しい目の観測器具などが展示されている天文機器資料館を見ました。
乗鞍コロナ観測所って、僕が子供の頃は日本を代表する天文施設だったと思いますが、
お役御免で閉鎖されていたんですね~。
時代は変わって人工衛星からの観測や、電波望遠鏡、コンピュータによる処理だったりが主流の今や、この天文台にあるような設備はレトロな展示物にすぎなくなっているようです。
DSC00580.jpg



さてさて、そこまででほとんどの展示は時間切れ終了。
後は実際の観望会です。
50cm反射望遠鏡は整理券をもらわないと見れなかったようで残念でした。

でもグラウンドでは地元の三鷹第7中学校の天文部や、望遠鏡メーカーなどの協力で
いろんな望遠鏡を覗かせてもらうことが出来ました。
DSC00581.jpg


満月直前の月が煌々と照っていて、惑星も出てなかったのでほとんど月を見るしかなかったのですが、
それでも大きい望遠鏡は迫力があり、クレーターも見事でした。

最後は内部の食堂で「天文台プレート」を食べてきました。

この時期はもう、日が暮れてくると林に囲まれている天文台は冷え冷えとしてきて、
かなり身体が冷え切りました。

来年はたっぷり時間をかけて見られるよう、また防寒対策もしっかりしていきたいと思います。

あ、その前に普段も公開していて見学が出来るようなので、空いているときに1回見ておいて、
特別公開日にしか見れないものに焦点を絞っていくのがいいようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。