スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ最終節F・マリノス「戦蹴楽」


見に行ってきましたJリーグ最終節。最終戦を前に7位のF・マリノスはホームの日産スタジアムに3位のサガン鳥栖を迎えます。

でもこの辺は大接戦。
まずこのゲームで鳥栖に勝てば、勝ち点で並んで得失点差で上回り、逆転します。
さらに間にいる柏レイソルが負けて、直接対決している浦和レッズと名古屋グランパスが引き分ければ、見事F・マリノスが3位になってACLに出場できる、という、随分都合はいいですが夢をかけた1戦です。

この冬一番の寒さとスタンドを吹き抜ける風で熱を奪われますが、
最後の1戦ということもあり応援は相当盛り上がり、熱が入ります。

キックオフ前にDF中澤選手の400試合出場の記念セレモニーがありました。
いい選手ですよね~、いつも本当に頼りになるいいプレーを見せてくれます。


さて、ゲームは開始からマリノスが押し気味、何度もいい場面がありますが決定打に結び付きません。
そのまま0対0で前半を折り返しました。

ハーフタイムに息子と売店に走り、と思ったら足が凍り付いたようにうまく動きません。
息子も同じだったらしく、二人で笑ってしまいました。
相当冷たい風でやられたという感じです。
なんとかカップヌードルをゲットして、後半に突入。

やはりマリノスが押し気味で10分が過ぎたころ、相手のペナルティーでフリーキック。
蹴るのはもちろん、中村俊輔。

2万を越えるサポーターの前でこれが見事に決まって、最高潮の盛り上がり。
やっぱりシュンスケナカムラ~ですね~!

息子も大好きで、通ってるマリノスフットボールアカデミーのユニフォームの背中には、中村俊輔と同じ「25」を背負っています。
(試合のゼッケンではないので思い思いに好きな番号つけられるんですけどね)


ゲームは結局そのまま1対0で勝利!
シーズン終了のセレモニーがあり、最後が勝利で飾れたことでいい雰囲気でシーズンを終われた、という感じでした。

柏は負けたのですが、浦和と名古屋は浦和が勝利してしまい、
惜しくもF・マリノスは4位、セレモニーのあいさつで社長や監督が言っていたように
天皇杯で優勝を勝ち取ることが唯一のACL出場への道となりました。

頑張れ!F・マリノス!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。