スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江の島往復走破

そろそろ暖かくなってきたし、せっかくの自転車にもっと乗りたいという息子の思いもあって、
中距離を走る計画を土曜日に思いつき、日曜日に実行しました。
考えたルートは2つ。
1つ目は、息子が昨秋学校の体験学習でいった愛川までの往復、ゴールを愛川から上った宮ケ瀬ダムにすると片道35キロほど。
もうひとつは、江の島まで境川サイクリングコースで行くやはり片道35キロほど。

最初なのでより平坦な江の島コースにしました。

2人ともロードバイクになってから格段に巡航スピードは上がったし、
思いつきなのでついつい軽い気持ちで大した準備もせず、11時ころ出発。4時ころには帰れるかなと思っていました。
天気予報は夕方から雨でしたが、まあほとんど大丈夫かな、暖かい日だし、と思ったのですが・・・


最初は晴れていたのですが、走り始めて1時間弱で瀬谷の先で境川に出るころから段々雲行きが怪しくなり、

藤沢に着くころには完全な雨雲。ポツポツからしばらくしてザーっと降り始めたので仕方なく
コンビニで雨宿りとなりました。

小一時間ほどで上がったので、何とか江の島までたどり着くことにしました。


初のぬれた路面走行。
白線の上とか、鉄板の上とかで何度か滑って怖い思いをしました。
こんなに滑るものだとは・・・

なんとか雨の止み間に江の島(駅)に到着し、島を一目みて、そそくさと帰路に着きました。

しかし、また大きな雨雲。
藤沢に市内で仕方なく雨宿りですが、こんどはなかなか止みそうもありません。
気温もかなり下がってきて、遅くなって暗くなるのは最悪なので、
レインコートを購入、覚悟を決めて雨の中を走りだしました。


グローブもびしょびしょで手が冷えて、真冬のような寒さに感じられます。
1時間ほど走ったでしょうか、やっと雨雲から脱出し、少し明るい空になってきました。

境川のサイクリングロードを快調に走り、
瀬谷まで戻ってきたころには青空も覗き、やっと普通に走れるようになりました。

結局家に帰りついたのは夕方6時ころ、
7時間かけて(途中雨宿りが合計1時間以上ありますが)
往復約75kmを走り切りました。

軽い気持ちで出かけてしまったので雨具や防寒が不十分で、
ちゃんと準備をしないといけないことを痛感させられました。

息子にとっては(僕もですが)久しぶりにロングライドのスペクタクルな経験になりました。
きれいな桜が見られて良かったです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。