スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日ライド、横浜港

休日、ひとりの時間が出来たので、今度は鶴見川を下流へ下りました。


鶴見までいったら今度は国道15号でみなとみらい方面へ。

マリノスタウンをかすめて、山下公園まで。


暑くて頭から水を被りました。
折り返すあたりから左膝に違和感があり、あまり力を入れられなくなりました。


それでも帰りはちょっとアップダウンのあるところを走って来ました。

62km、4時間半くらいのライドでした。

平日ライド、町田ゼルビア

平日休みだったので、夕方からちょっとライド。

鶴見川を上流に向かい、鶴川を越えて町田野津田の陸上競技場、J3の町田ゼルビアのホームスタジアムまで行って来ました。



距離にして26km、1時間半くらいの軽めライドでした。

デルタカップ2015、第20回

デルタカップに参加して来ました。夏の真っ盛り。暑いのがキツイですが、少し風があって、なかなか気持ちいい一日でした。


今回はラップを重ねてのタイムアタックが、10分と7分の2回でその中のベストタイム、あと、1台ずつのジムカーナ的タイムアタックが2回、それぞれのタイムの合計で競います。
ジムカーナ2本を失敗しないように行かなければならないので、難しくなったと言うか、ミスを取り返せる可能性が増えたと言うか、微妙ですが、結果的には勝負は面白くなったかも。


成績は、グループAの3位、なんとか表彰台にのりました。
(今回も室内だから表彰台はなかったけど。)
ラップタイムは過去ベストより、0.5秒以上遅いし、特にタイムアタックが良かったとかではなく、全体に無難にまとまったという感じです。
でも、グループの上位はデルタではなく、グループBの上位もアバルトとかなので、よく見るとグループSを除いてデルタ最上位?
とりあえず「デルタつかい」を名乗れそうです。

息子のお目当てのカップ麺も無事ゲット⁉︎

今回は久しぶりに息子が一緒に行きたいと言い出して、連れて来ました。ジャンケン大会の景品狙い?勉強から逃れるため?
僕の同僚が見に来てくれていたので、ずっと相手してもらっていて楽しかったようです。

キャンバー、こんな感じ

明日のデルタカップにそなえて…
洗車して来ました(笑)。
いつものことですが。


で、今回キャンバーはこんな感じです。

タイヤは、、街乗りだけでも減ってきたような…
あと、リヤウィング立てました。
デルタらしい姿に満足。

日本海200kmチャレンジ、失敗、リタイア

今年の夏の最大のイベントとして、そして息子の小学生最後の夏休みのチャレンジとして、自転車で200kmを走破する、榛名から日本海を見に行くという計画をたて、日曜日に挑戦しました。

結果から言うと、途中90kmを過ぎたあたりから息子がお腹が痛いと言い出し、ペースがあがらなくなり、115kmで断念、リタイアして、電車で帰ってきました。

息子は前日も少し調子悪かったらしく、僕も本当は前日から休みを取って早めに榛名に行き、しっかり準備して早寝するはずが、結局仕事になり、榛名到着が夜中。睡眠も3時間半ですから無理を出来るはずもなく、
しかも計画はかなり頑張らなきゃならないものだったので、ペースが落ちた時点で無理するのはやめました。

朝5時起き、5時半出発予定でしたが、準備にも時間をとられ、6時スタートになりました。

榛名の中腹からスタートでまずは下り、新幹線の安中榛名駅に向けて一山超えます。

そこからアップダウンを繰り返し、横川を目指します。




そして最大の難所、碓氷峠へ。旧道を上ります。

途中、碓氷湖、めがね橋などで立ち止まりながら、それでも僕は途中3回くらい脚が攣り、息子はちょっと遅れながらも着いて来て、なんとか184のカーブをクリアして峠に到着。



ここまでの標高差のヒルクライムは初めてで、辛かったけど木陰が気持ちいい道で、他にもサイクリストがたくさんいて、追い抜きながら声を掛けてくれるのも励みになりました。
頂上では追い抜かれた人に再会、息子にも声を掛けてくれました。

この時点で計画からの遅れは1時間、でも文字通り、今回の最大の山場、峠を越したわけで、このあとは基本下り、ペースも稼げると思ったのですが、やっぱり山国、平野のようにはいかず、ところどころのちょっとした上りで脚が削られます。


小諸の懐古園、

北国街道の海野宿、

上田を越えて、昼食は街道沿いの廃れたラーメン屋へ。
この頃には眠気が絶好調で、ラーメン待ってる間にも瞼が下がってきます。


炎天下に漕ぎ出して、これからは千曲川沿いの快適な道、と思ったら途中で道がなくなり、迷い込んだ田んぼの中の道で、砂利に載って横滑りコケしてしまいました。
息子の手前、何事も無いように走り出しましたが、大きく擦りむいた腕はヒリヒリ痛く、気分的にも結構落ち込みました。

その後もなんとなく脚が重くあまり快調という感じではないなと思いながら進んで行きましたが、徐々に息子が着いて来なくなり、止まって聞いてみたらお腹が痛いとのこと。
しばらくゆっくり走りながら様子を見たり、コンビニでトイレに行かせたりしましたが、スッキリ回復とはいかず、
そのペースでは着けても相当遅くなるのが見えてきました。
もう少しと思って、更埴インターのあたりまで来ましたが、今回は諦めることにしました。


僕自身も結構無茶してる感じだったので、きっと神様の警告だと思うことにして、いつもなら何とか頑張ろうと息子を仕向けるところですが、今回はそれもやめました。

ということで、スタート直後に息子がそこまで行ったら写真を撮ろうと言ってたサイコンの111.11kmを最寄りの駅に向けて千曲川を渡る橋の上で迎えて、


J3のAC長野パルセイロの地元、篠ノ井駅でこれから試合に向かう人たちがバスに乗り込んでる脇で、自転車をバラして輪行袋に入れ、帰り支度をしました。



帰りは篠ノ井からしなの鉄道で上田まで、上田から新幹線で安中榛名まで、だったのですが、最後にオマケのアクシデント。
新幹線がメチャ混みで、通路に立つことしかできず、息子は流されて奥に入ってしまい、車両の真ん中あたりへ、軽井沢でさらに多勢乗り込んできたものだから、誰も降りない安中榛名で出て来れず、結局高崎まで行ってしまいました。

高崎からは幸い自転車ごとバスに乗れたので、室田まで、室田からはタクシーで、20時頃にやっと帰って来られました。
プロフィール

タクマロン

Author:タクマロン
横浜市青葉区在住。

2004年3月、3年ほど乗った16Vに次ぐ2代目として
赤象=95年式デルタ・コレッチオーネを購入、
2009年5月には2台目として赤蛇=98年式アルファGTV3.0を追加、
しかし2010年10月には、GTVから青ウーパールーパー=2004年式フィアット・ムルティプラへ乗り換えました。

イタリア車にまみれた日々の生活の中で、
クルマや息子のことなど綴っていきます。

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
おすすめ
父の日・ギフト・花束・母の日 英会話スクールWILL Square 国内格安航空券サイトe航空券.com ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。